登坂車線
「うつからの脱却」、「再発の予防」、「社会とのつきあい方」をテーマに思いをめぐらす日々の記録。週3回更新。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 うつ病(鬱病)
にほんブログ村 うつ病(鬱病)

無収入こそ脅威
生命保険について考えている。

身近にいる人に迷惑をかけないようにしたい。
自分が死んでしまっては、金がなくなり、家族に負担を与える。
突然死ぬリスクに備えて、自分の命に保険を掛けた方がいいのか。

そんなことを、数か月考えている。

考えを巡らせ、ある結論に落ち着こうとしている。

僕がここ数十年で死ぬ確率は、どうやら小さいみたいだ。
その小さい確率のために保険料を払うほどの余裕は、今の僕にはない。

うつは、致死率の高い病気だ。
でも、自死を実行することは難しい。
他人に迷惑をかけずに死ねる場所を探すのは、ものすごく困難だ。
そういうことを気に掛けなくなるほどに病状が悪化することは、僕にはたぶんないだろう。

たとえ、突然死んだとしても、いくらか貯金を残すことはできる。
遺族年金も出る。
僕が死んでも、他の家族は生きている。
それほど気にすることはない。

むしろ、気にした方がいいのは、収入源を失うリスクの方だ。

うつで死ぬことは考えなくてもいいかもしれない。
一方で、うつで自分のコントロールを失う可能性は十分にある。
ひどいうつのために、失職し、無収入になる確率は、無視できないほどに大きい。
無収入になれば、保険料が支払えなくなる。
その場合、それまで払ってきた保険料の多くは無駄になってしまう。

保険料の高い保険に入っても、安心などまったくできない。
保険料が払えなくなったら、そこで安心が途絶えてしまう。
そして、将来高額の保険料を払えなくなる確率は、決して低くない。
保険料の支払いが滞る事態こそ危機なのに、その時に保険会社はそばにいない。

死んでしまえば、収入が途絶えてしまうが、支出もなくなる。
一方で、無収入になってしまえば、収入がなくとも支出はなくならない。
死ぬより、無収入の方が、生じる問題が厄介になる。

確率の低い事象の発生を恐れて無駄金を払うことを避け、無視できないほどの確率の事象について備えた方がいい。

無収入に対して、僕はどう備えればいいのだろうか。

まずは、無収入の事態が発生する確率を低くするよう心がけることだ。
事故や病気、勤め先の破綻など、原因となることがいくつかある。
何より気を付けた方がいいことは、自分のコントロールを失うことだ。
それにより、自分の体を適切に動かせなかったり、誤った判断をしたりする恐れが生じる。
これは過去に起こった実績があり、再度起こりうる可能性は低くない。
常に注意し、うつから距離を置こうとする工夫を絶やさないようにしたい。
うつを遠ざけるための手段なら、いくつか知っている。

それでも、無収入の事態は発生するかもしれない。
雇用保険はあるが、無収入リスクを他の人がすべて肩代わりしてくれることはない。
収入源を失わない工夫を続けるとともに、収入源を失っても食いつないでいくための資源を備蓄し、リスクの発生を許容する備えが必要だ。

職を失わないように、日ごろから業務を丁寧に行っていこう。
職を失う日が訪れることに備えて、浪費をせずに、備蓄しておこう。
職を失ってしまっても、次の収入源を得るための資源を培っておこう。

数十年生きれば、きっと死ねるだろう。
その時は、無一文で死んでも、それほど大きな問題は起きないはずだ。
スポンサーサイト

 にほんブログ村 うつ病(鬱病)
にほんブログ村 うつ病(鬱病)

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funagi.blog65.fc2.com/tb.php/1366-35798429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

各種相談窓口

プロフィール

ふうなぎ

Author:ふうなぎ
[admin]
2012年に再就職。
社会になじむ方法を模索しつつ、毎日を大切に過ごしています。

カネ無し、コネ無し、腕力無し。
一方で、慎重さと困難に立ち向かう根気強さを身につけていると考えます。
自分の強みである探求心と分析力を、今後も伸ばしていきたい。

性格は、よく言えば周囲と調和しようとしているし、悪く言えば周囲に流されやすい。
飽きっぽく、億劫がり、嘘をつくことが不得意。
特技は、パズルを解くこと、ただし、人と対戦するゲームは除く。
気晴らしは、エッセイを読むことと、音楽を聞くこと(ジャンルは、J-POP、ジャズピアノ、クラシック)。
街歩きと旅行が好きです。

2014年の目標は、2013年の目標に加えて、「メモを取る」。

おことわり: 私の判断により、予告なしにコメントやトラックバックを削除する場合がございます。また、いただいたコメントに対する返答が遅れる、もしくは返答を差し控える場合がございます。あらかじめご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。(2012-01-10)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

05  03  12  10  09  04  02  01  11  10  08  06  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01 

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
426位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。