登坂車線
「うつからの脱却」、「再発の予防」、「社会とのつきあい方」をテーマに思いをめぐらす日々の記録。週3回更新。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 うつ病(鬱病)
にほんブログ村 うつ病(鬱病)

自在を得る
以前は、自分の欲望をずっと押さえ込んできた。
それは、当然ながらあまりいいことではなかった。

欲望を抑えてきた理由の1つは、自分の身近にある物事に興味がなかったからだ。
日常に触れるものに興味を持たず、どうでもいいと考えてきた。

日常の出来事の中には、僕にとって面白いことなど1つもなかった。
一方で、それを表明してしまうと、人の輪に入ることがものすごく困難になることも分かっていた。

自分は、何事にも興味を持たない、つまらない人間なのだ。
これではいけない。
そう考えて、自分を責め続けてきた。

多くの経験から分かったことがある。
それは、自分の興味を持つことができることは、身近にはなかった、ということだ。

身近なものに自分を合わせ、満足を装っていたら、ずっと苦しいままに生活を続けてきただろう。
物事を知り、知識が広がり、故郷を離れることをして、この世界が広いことを知った。
自分がほしいと考えているものがないわけではなく、単に手の届きにくい場所にあることを理解した。

欲望を抑えてきたもう1つの理由は、自分が求めているものが何かはっきりとさせる訓練を積まなかったからだ。

ものごとにほとんど興味がなかった僕は、社会の規範からはずれないように生きることを常に考えてきた。
興味がなくても、社会が「よし」とする概念を受け入れ、社会が「よし」とする人間になろうとしてきた。

その結果、自分の欲求について、何の考察も加えることがなかった。
一般に言われるものとは全く違う嗜好や考え方を持ち合わせていることに気づくことは時々あった。
自分が楽しいと思うことを他人の前に全面的に押し出すと、他人からの視線が変化することを感じた。
そのたびに、自分が変わり者であることに落胆し、その考えを捨てることを心がけてきた。

社会からの要請など考慮せずに、自分のしたいことやほしいものが何か、全く把握していないことに気づいたのは、ほんの4年前だ。
4年前から、他人の考えを気にせずに、まず自分が求めているものを明らかにすることを優先して行うようにしてきた。

自分のしたいことがわからなかった、とはいえ、これまでの人生の中で、何度か自分の欲求に素直に従ったことがある。
その時はいつも、ぎりぎりの状況に追い込まれた時だった。
金がなかったり、体調を崩したり、判断を迫られたりした時、僕は凡庸な状況にがまんができず、自分の信念を押し通した。
うつの状態から体調が復調に向かった時も、結局は、他人の意見を無視して自分のしたいことをしよう、と開き直ったのがきっかけだった。
他人の意見を無視することに罪悪感を持ち続けていたのだが、それを打ち払ったところで、誰も何も気にしなかった。

本当に、つまらないことに付き合わされてきたものだと思う。
僕にとっては、社会のありきたりな決まり事など、無価値だった。
くだらない人たちのくだらない考えによって、時間を無駄にし、チャンスを逸した。
それは、くだらないことがくだらないと気づかなかった自分に原因がある。

それでも、僕は4年前に気づいた。
気づかないまま死んでもおかしくはなかった。
助かったのだ。

社会で言われている一般的な話など、はっきり言ってどうでもいい。
自分の欲望を正確に把握し、それを実現していく手段を模索すること以外に重要なことなど、他にない。

社会を構成する人たちがそれぞれ自分の思いの実現のために暮らしていけるように、お互いの考えを尊重し、価値観が異なることを理解することが保障されている必要がある。
スポンサーサイト

 にほんブログ村 うつ病(鬱病)
にほんブログ村 うつ病(鬱病)

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funagi.blog65.fc2.com/tb.php/1369-f51777dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

各種相談窓口

プロフィール

ふうなぎ

Author:ふうなぎ
[admin]
2012年に再就職。
社会になじむ方法を模索しつつ、毎日を大切に過ごしています。

カネ無し、コネ無し、腕力無し。
一方で、慎重さと困難に立ち向かう根気強さを身につけていると考えます。
自分の強みである探求心と分析力を、今後も伸ばしていきたい。

性格は、よく言えば周囲と調和しようとしているし、悪く言えば周囲に流されやすい。
飽きっぽく、億劫がり、嘘をつくことが不得意。
特技は、パズルを解くこと、ただし、人と対戦するゲームは除く。
気晴らしは、エッセイを読むことと、音楽を聞くこと(ジャンルは、J-POP、ジャズピアノ、クラシック)。
街歩きと旅行が好きです。

2014年の目標は、2013年の目標に加えて、「メモを取る」。

おことわり: 私の判断により、予告なしにコメントやトラックバックを削除する場合がございます。また、いただいたコメントに対する返答が遅れる、もしくは返答を差し控える場合がございます。あらかじめご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。(2012-01-10)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

05  03  12  10  09  04  02  01  11  10  08  06  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01 

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
426位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。